後藤よしのりが波情報を考えたよ---

波情報でも風のこととか紹介します…後藤よしのりが良い情報を見つける?最近思いついたことなども合わせて考えたつもり(珍記事満載?)

私が良い情報を紹介します!!
お題のように、「波情報」を見るコツをマスターする・・・」という内容です。確認してみてください。
(傍若無人な後藤よしのりが考えたのですが…ついてこれる者たちだけどうぞ。)

ところで何が難しくしているのか???それは考えたらすぐに気づくが~専門用語のオンパレードだから。後藤よしのりも四苦八苦させられたもんだが、どこぞの世界でも専門用語には悩まされるのでこれは必要な知識として覚えましょう。
そうでしょ。テニスならばらぶさーてぃーとか。サッカーならばいわずと知れたおふさいど。(笑 超えねばならぬ壁なの。

後藤よしのりが初めて耳にしたのはオフショアかな。歳がばれそうだが、オールナイトフジという低俗番組がありまして、波情報の紹介コーナーがあったのよ。見ると、、水着の女子たちが~今日の阿字ヶ浦はオフショア…とか放送していた。脱線してますね後藤よしのり。。。

それではお題に戻り概要を紹介します。
オフショアは岸から沖のほうに向かう風模様のこと。一般的にすばらしいコンディションなのはオフショアですのでマスターしておきましょう。こちら基本的な知識です。
波情報の内容というかそれ以前の問題として、サーフィンをやるなら満潮と干潮はぜひとも頭に叩き込んでおきたい。幼稚園レベルです。

後藤よしのりは筋道をつけるのがヘタ。。また脱線しますが、、貴重なことをお教えしましょう。
そもそも、波情報というサービスはいつ頃スタートしたかご存知でしょうか?答えは、1990年ごろらしい。当時はNTTのテレフォン・サービスだったのですよ!!(又聞きだがお許し願おう。その後だいぶ進化したようだ。)

ちなみにサービス会社を選ぶ際は、提供箇所数(つまり地域数ですね) さらには動画などのアングル総数にも気を配りたい。そしてやはり情報の正確性が重要です。数より質とだけ後藤よしのりが申し上げておこう。
どれほど派手に見せても、そのサイトやブログが掲載する内容の確度が低ければ本末転倒。

繰り返しになるが、波情報では風が重要です。サーフィンをやるならわかるはず。マスターすることをおすすめします!!
明日の波が良いのか悪いのか考えていますか? 正しいものを見るのがコツです。